肌荒れは自信を失いますが、自分の責任ではありません

ニキビで悩んでいる人の情報シェアサイト

▼MENU

肌荒れは自信を失いますが、自分の責任ではありません

肌荒れがあると自信を失ってしまいます。これはかなりつらいですよね。私も高校時代は相当悩みました。
でも良く考えると自分には何の非もありません。確かに肌の状態が気になってそれを触ったりもしれしまいました。
でも全く自分は悪い事をしていないのに、なんでこんなに悩む必要があるのでしょうか。

ニキビが出来たって、それは法律に違反しているわけでもありません。
他人を傷つけているわけでもありません。そうなので、自分が悩む必要は全くないのです。

私はニキビを治すために色々な化粧品を試してきましたけど、お金を消費してしまっただけでした。
やはり肌を治すためには栄養が必要なのです。自分の体を再生させるためのたんぱく質を摂取しないときれいな肌を手に入れる事は出来ません。
食事は元気の身な物ですよね。

私は自信を回復するためにスポーツをしたり、勉強をしたりと色々な事をしていたら肌に対するコンプレックスは減ってきました。
そうなるとどうでしょうか。自分の肌もかなり綺麗に見えてくるのです。
結局のところは思い込みだったのかもしれません。自分の想像力が過剰に働く事で余計に自分の肌が荒れていると思い込んでいたのでしょう。
肌荒れはそんなにひどくはありませんでした。もちろん普通の肌に比べたらちょっとは気になりますけど、そこまで取り立てて気にするようなことでもありませんでしたね。

私はこれからもいろいろがんばっていきたいと思います。肌荒れに負けずに堂々と生きていきたいと思っています。