ひどいニキビ肌からきれいな肌に

ニキビで悩んでいる人の情報シェアサイト

▼MENU

ひどいニキビ肌からきれいな肌に

若くても年を重ねても、お肌の悩みやトラブルはあります。
特に私は思春期の頃、ひどいニキビに悩まされていました。

いつもおでこがニキビで真っ赤。汚かったです。
ちょうどおしゃれに目覚めた年頃で眉を整えたり目元にマスカラなんかを塗ったりしていましたが、
親には「そんなことよりその汚いニキビをどうにかしろ」としょっちゅう小言を食らいました。

そんなの余計なお世話。自分の肌が汚いことは自分が一番よくわかっているんです。
ニキビ対策用の洗顔料を使ったりクリームを塗ったり、
甘いものを控えてみたりと生活に気を遣ってみましたがまったく改善されず。

皮膚科に行くことも考えましたが、こんな顔を先生に見せるのが恥ずかしくて結局行けませんでした。
大人になって思えば、皮膚科に行くぐらいなんてことないのですが、やっぱり思春期はいろいろ敏感だったんでしょうね。

そんな思春期のニキビに数年間悩まされてきた私を救ってくれたのは、医者でもなく薬でもなく、ある洗顔フォームでした。
それを知ったのは高校に上がってからのこと。たまたま通販のチラシを見た母が私に勧めてきました。
なんでも、九州の火山灰を使った洗顔料で、肌がきれいになるとか。

価格は普段使っているもののおよそ3倍で、洗顔料にしてはやや高級という印象。
高いものならきっと効果も期待できるはず、と単純な私は母に頼んで買ってもらうことにしました。

届いた日から早速使い始めました。すごく濃厚で泡立ちがよく、
洗うと気持ちがよくて、いつの間にかニキビを治すことよりもそれで洗顔することの心地よさを味わうのが目的になっていました。
使い始めて数ヶ月、半年、一年と経つごとに肌は白くきれいになりました。

いつの間にやら、という感じです。高校を卒業し大学生になる頃にはすっかりニキビとは無縁のすべすべ肌に。
今はアラサー世代になりますが、特に肌トラブルはありません。これからもこの洗顔料を手放すつもりはないです。